オッズ馬券の教科書

土曜日の見解

  • HOME »
  • 土曜日の見解

◆推奨穴馬
・中山12レース=1・7番

◆馬連&3連複1頭流し推奨馬
・中山10レース=8番(穴馬です)
※10時半の馬連ランクは下記です。
9・6・10■12・11・7・3■5・「8」・1■2・4
「 」=推奨馬

※最後まで検討したレースは中山12レースです。
まず注目したのがコンピ指数ブービーランク
15位の1番です。
1番は15位から単勝9位に上昇し、
「複勝6倍の壁」の前の1頭にもなっています。
「馬連人気分布表」からは1番には
ボトム値が2箇所ありました。

その他では3番と7番の取捨に迷ったのですが、
時系列のオッズから3番は単勝&複勝がともに売れていません。
7番は複勝が僅かながら売れ、
複勝ランクが10時半のオッズでは、7番が5位、
3番が10位だったため7番を上位にとりました。
「馬連人気分布表」からも7番には
ボトム値が2箇所あります。

10時半の馬連ランクは下記となります。
13・8・12・11・16・14・10・2・3・「7」・「1」・4・6・9・5・15
※「 」=推奨馬

9時半のオッズから7レース以降のレース(14頭立て以上)で、
穴レースの条件をクリアしていたのは、
中山11R、中京11Rの2つのレースです。
この2つのレースの検証結果は下記です。
※中山8Rは障害戦のため除外しました。

<中山11レース>
コンピ指数、馬連、単勝、複勝ランクの上位6頭、
2、15、11、16、10、7番がほぼ揃っています。
目立った穴馬候補も浮上せず、穴レースとしては
判定がかなり弱いです。
しかし上位ランクの馬が揃ってしまっていますが、
単勝ランクには「オッズの壁」がありません。
ひょっとすると下位ランクの超穴馬が
馬券に絡んでくる可能性があります。
そこで「複勝15倍の壁」を使い、その前の2頭、超穴馬ですが、
9、6番をワイド馬券などで注目しました。
10時半の馬連ランクは下記です。
2・10・11・15・16・7・5・8・13・1・12・4・3・「9」・「6」・14
※「 」=複勝15倍の壁から浮上

<中京11レース>
馬連、単勝、複勝ランクの上位5頭、
10、7、16、13、4番がほぼ揃ってしまい、
馬連5位には1・76倍の乖離差があります。
時系列のオッズチェックでは、
馬連1位は10番から7番に変わってしまい、
7番からの馬連ランクでは、馬連5位に2倍を超える
「オッズの壁」が出現しています。
さらに馬連オッズは10時40分頃には基準値の9・0倍を
下回ってしまいました。
ハンデ戦ですが、残念ながら
穴レースとしては見送りとしました。

PAGETOP
PAGE TOP