オッズ馬券の教科書

月曜日の見解

  • HOME »
  • 月曜日の見解

◆最後まで検討した穴馬候補
・中京12レース=4・6番 

◆馬連&3連複1頭流し推奨馬
・中山12レース=10番
※10時半の馬連ランクは下記です。
3■7・9・15・「10」・2・6・14・1・4・12・5・8・13■11
「 」=推奨馬

※最後まで検討したレースは中京12レースです。
馬連10位に大きな「オッズの壁」が出現し、
その前の2頭である4番と6番に注目です。
4番は「複勝6倍の壁」からも浮上し、
時系列のオッズチェックでは、複勝が5・1倍から
3・5倍と売れています。
6番は単勝&複勝が時系列のオッズチェックで売れ、
「馬連人気分布表」をチェックすると、
ボトム値が2箇所あります。

しかしこのレースはランク間の移動が激し過ぎ、
複勝6倍未満の頭数が11頭、10時半のオッズでは
12頭と増え、下位ランクの馬が馬券に絡む可能姓を
否定できません。
また台風の影響で、中京競馬は朝7時からの発売開始で
通常とは異なっています。
4番と6番に少々注目程度のレースとしました。

10時半の馬連ランクは下記です。
13・15・12・5・2・3・8・1・「4」・「6」■14・11・7・9・10
※「 」=注目馬

9時半のオッズから7レース以降のレース(14頭立て以上)で、
穴レースの条件をクリアしていたのは、
中山8R、中山9R、12R、中京7Rの4つのレースです。
この4つのレースの検証結果は下記です。

<中山8レース>
上位ランク5頭、14、2、10、8、5番が
コンピ指数、馬連、単勝、複勝ランクで
ほぼ揃ってしまいました。
下位ランクでは4番の単勝&複勝が4ランク上昇、
3番は単勝が売れ、「複勝6倍の壁」の前の1頭になっています。
「複勝15倍の壁」の前には1番、12番、
時系列のオッズチェックから16番の複勝が上昇。
このように動きのある馬がいるのですが、
どれも決めてを欠いています。
まさか3、4、1、12、16番から
上位5頭、14、2、10、8、5番への
馬連やワイド馬券などを購入するわけにもいかず、
見送りとしました。

<中山9レース>
馬連と単勝の8位に「オッズの壁」が出現し、
ランク間の移動は激しいのですが、
上位7頭の間でのもので、下位ランクからの
突入&移動馬がいません。
9時半のオッズで30倍未満の頭数が10頭以上が、
穴レースの条件ですが、10頭目の馬が30・0倍、
ギリギリ判定のため検証してみましたが、
目立った穴馬好捕も浮上せず、
穴レースとしては見送りとしました。

<中山12レース>
馬連1位と単勝2位、さらには馬連位に
大きな「オッズの壁」が出現してしまいました。
おまけに上位2頭、3、9番は、コンピ指数、
馬連、単勝、複勝ランクがきれいに揃ってしまい、
「馬連人気分布表」をチェックすると、
ヨコ軸に「オッズの壁」が並んでいます。
穴レースとしては判定が弱く、見送り気味の判定ですが、
3位以下の馬のランク間の移動が激しく、それが下位ランクまで
伸びているため、中穴馬を探すことにし、
複勝3位に上昇している10番を、
馬連&3連複1頭流しの馬として注目しました。

このレースは馬連14位の13番が、
複勝6位に8ランク上昇しています。
10時半のオッズではさらに売れ、複勝4位になっています。
13番からのワイド馬券なども気になりました。

<中京7レース>
上位ランク4頭、4、11、12、9番が、
コンピ指数、馬連、単勝、複勝ランクでほぼ揃ってしまい、
また目立った動きをしている馬もいません。
「馬連人気分布表」をチェックしてもボトム値が
ほとんどありません。
穴レースとしては見送りとしました。

PAGETOP
PAGE TOP