10月17日(土)~10月18日(日)の回顧

秋華賞が終わりました。
ダントツの1番人気の13番が危なげないレースで
無敗の三冠を達成という結果でした。
さて13番以外の馬では、
枠連6-6のオッズと馬連11-12のオッズを
比較してみると大きな乖離差があったため、
レポートでは穴馬候補として、最終オッズでは
10番人気の12番を取り上げました。
直線では12番が2着に飛び込み、
ダントツ1番人気が1着絡みにもかかわらず、
3連複は1万7920円、12番から3着8番との組み合わせ、
8-12は9310円といったまずまずの配当です。

さて、穴候補レースですが、まずは17日(土)。
9時半のオッズから穴レースの条件をクリアしたレースが
5つもあるも、すべて失格気味の判定。
その中で新潟11レースの11番と13番に少々注目とレポート。
結果13番が追い込み3着で馬券に絡むも、
外枠有利の新潟直線1000mのレースで、1、2着は
1、3番人気の18番と15番で3連複は8920円という低配当でした。

18日(日)は9時半のオッズで穴候補レースをクリアした
レースは新潟11、12レースのふたつだけでしたが、
この2つのレースの穴判定も失格。
GIレースの反対競馬場の最終レースということで、
5番と7番に少々注目も、3着には最後にカットしてしまった、
馬連ランク13位から複勝6位に上昇していた12番でした。

来週も無敗の3冠がかかった菊花賞です。
この馬が1着したとしても、2、3着にどんな馬が入るか、
しっかりと判定したいと思います。
もちろん、穴候補レースもしっかりとした判定が
来週こそ、浮上して欲しいと思います。