11月28日(土)~11月29日(日)の回顧


2020年牡馬三冠のコントレイル、牝馬三冠のデアリングタクト、
そしてGI8勝馬、2019年牝馬三冠のアーモンドアイの対決で
大いに盛り上がったジャパンカップが終わりました。
レースは1、2、3番人気が人気とおりに1、2、3着と入り、
3頭以外の馬として注目した1番と15番は、4、5着という結果でした。

さて、28~29日の穴レースは、残念ながら
非常に厳しい判定の連続となってしまいました。
完全に穴馬のルールをクリアする馬が浮上しないのです。
レポートでも書きましたが、
検討したレースの馬連1番人気と
馬連2番人気でダブっている馬番が
単勝1番人気と一致せず、さらには、ハッキリとした
穴馬のルールをクリアした馬がいません。
29日(日)は検討に値するレースもないという状態でした。
このようなケースは日本ダービーのような大レースがメインのときに
起きる傾向があり、それが29日(日)だったのかも知れません。

来週からは東京開催は中山に舞台が移ります。
そして中京競馬も始まります。
2019年12月はオッズ馬券から浮上した穴馬が
毎週のように馬券に絡み、万馬券を演出しました(過去のブログ参照)。
年末開催はオッズ馬券にとっては相性のいい月です。
2020年12月の競馬も期待したいところです。