12月5日(土)~12月6日(日)の回顧

チャンピオンズカップが終わりました。
馬券は15番中心に売れていましたが、狙った軸馬は11番。
理由はレポートでも書きましたが、「複勝6倍の壁」の前に
いたのが11番と2番。この2頭を比較すると、
11番のほうが単勝人気が低いにもかかわらず、
2番と11番の複勝はほぼ同じ、つまり単勝オッズに対して
11番の複勝が売れていたからです。
レース結果は11番は見事1着。2着2番、3着13番で、
2着は「複勝6倍の壁」のもう1頭の2番でした。


3連複 ②-⑪-⑬ 3万5310円

さて肝心な穴候補レースですが、
6日(日)は検討に値するレースがなく
完全に見送り状態。
5日(土)もほぼ見送り状態のレース判定の連続でしたが、
その中で少々注目の穴馬として、中京11レースの
5番と6番をレポート。
推奨穴馬とはいかず判定は弱かったものの、
先週このブログでも申し上げましたが、
この時期はオッズ馬券にとってプラスに働く傾向があります。
6番が3着になんとか潜り込み、3連複馬券が
基本フォーメーションで的中となりました。
ワイド馬券で上位9頭に流した18点買いでも
⑥-⑬ 4310円 ⑥-⑧ 2600円 で合計6910円ですから
回収率は380%で悪くはありません。


3連複 ⑥-⑧-⑬ 3万5230円

今週は、頭数が揃わないレースが多く、穴党にとって
完全ターゲットとなるレースがありませんでした。
また、GIレースの反対競馬場の最終レースも頭数が揃わず、
検討に値しません。来週こそはまずは頭数が揃ってもらいたいものです。