4月17日(土)~18日(日)の回顧


今週は中山競馬場で2021年クラシック第2弾、
牡馬三冠のひとつ皐月賞が行われました。

レースは7番エフフォーリアと13番タイトルホルダーが先行し、
直線で伸びきった7番エフフォーリアが1着、2着にも13番タイトルホルダー。
そして3着には中穴として狙った3番が入り、
なんとか3連複馬券GETです。


3連複 ③-⑦-⑬ 20,000円

さて穴レースですが、今週は17日(土)、
中山10レースが判定をクリアしチャレンジしてみました。
狙った穴馬候補は馬連ランクと比較して8ランクも上昇していた
4番と11番。レース結果はその11番人気の4番が
見事逃げ切りを決め1着でゴールイン。
しっかりと馬券に絡みました。
しかし11番人気が馬券に絡んだものの、
3連複は1万円台とあまり満足のいく配当ではなかったのは残念。


3連複 ④-⑮-⑯ 1万3750円 


ワイド ④-⑮ 3230円  ④-⑯ 2410円

18日(日)は穴判定をクリアしたレースはなく、
GIレースの反対競馬場の最終レースで人気薄から
ワイド馬券などを少々狙ったものの不発。
残念な結果となってしまいました。

来週からは中山競馬は舞台を変え、東京競馬に移ります。
6週連続のGIレースのはざまの週でもあります。
今週は判定が出たレースから浮上した穴馬候補が
しっかりと馬券に絡みました。
来週からの東京開催、
そして阪神、新潟競馬にも期待したいものです。