オッズ馬券の教科書

月曜日の見解

  • HOME »
  • 月曜日の見解

◆推奨&参考穴馬
・本日はありません 
※下記のコメント参照願います。

◆馬連&3連複1頭流し推奨馬
・中京12レース=13番
※10時半の馬連ランクは下記です。
7・13・9■2・3・11・12・8・14・10・4・15・1・5・6

※本日は9時半のオッズから、穴レースの条件である
馬連1番人気9倍以上、単勝30倍未満の頭数が10頭以上
という条件をクリアしたレースがひとつもありませんでした。

そこで、東西のメインレースを検討してみました。
気になった点を下記にレポートいたします。

<中山11レース>
馬連ランク6位に大きな「オッズの壁」が
出現してしまい、ここだけ注目しますと
上位6頭中心の競馬であるように見えますが、
「馬連人気分布表」をチェックしますと、馬連1位の
3番以外は、6位と7位の間に「オッズの壁」がありません。
つまり、ここの「オッズの壁」はニセモノである可能性が
あります。本当の「オッズの壁」は馬連11位と13位の
2カ所です。

上位ランクが馬連、単勝、複勝ランクでほぼ揃ってしまい、
穴レースとしては失格判定で本来は見送りです。
しかし単勝ランクに「オッズの壁」がひとつもありません。
この点に注目しますと、単勝&複勝オッズが基準値に
満たない下位ランクの馬が馬券に絡む可能性が少々残されています。
そこで、馬連11位と13位にある「オッズの壁」に囲まれています
7番と14番を浮上させてみました。
ワイド馬券で上位ランクとの組み合わせでもソコソコの配当が望めます。
ワイド馬券の穴馬として7番と14番とレポートしておきます。
10時半の馬連ランクは下記のとおりです。
3・1・9・5・8・4■2・10・13・16・6■7・14■11■12・15

<中京11レース>
単勝30倍未満の頭数は11頭と穴レースの条件は
クリアしているのですが、馬連1番人気のオッズが7・8倍なため、
穴レースとしての判定は失格となりました。
しかし、複勝6倍未満の頭数が10頭もおり、
下位ランクの馬が馬券に絡む可能性があるため
下位ランクの馬に注目し検証してみました。

このレースは馬連11位と単勝12位に大きな「オッズの壁」が
出現しています。そして「複勝6倍の壁」が10位にあります。
これをまとめますと、

・馬連の「オッズの壁」からの浮上馬=3・17番
・単勝の「オッズの壁」からの浮上馬=16・17番
・「複勝6倍の壁」からの浮上馬=1・3番

この結果から3番と17番を浮上させました。
10時半の馬連ランクは下記のとおりです。
4・2・5・12・15・10・1・16・9・13・3■17・8・7・11・6・14

PAGETOP
PAGE TOP