◆推奨&参考穴馬
・本日はありません 
・下記のコメントを参照願います。

◆馬連&3連複1頭流し推奨馬
・中山10レース=16番

※9時半のオッズから、穴レースの条件をクリアしていたレースが、
中山11R、中山12R、中京7R、中京9R、中京11R、中京12Rと
6つのレースです。検証した結果は下記のとおりです。

<中山11レース>
馬連ランク1位8番とと2位9番が単勝、複勝ともに揃ってしまい、
さらに8番から馬連が売れてしまっています。
前売りの段階では馬連1番人気が7・9倍と穴レースの基準値を
クリアしていなかった点もマイナス要因です。
穴レースとしては見送りと判断しました。

<中山12レース>
馬連ランク15位に「オッズの壁」が出現し、その前の1頭である
1番が馬連134倍に対し、単勝18倍、複勝5・4倍と売れています。
また1番は「複勝6倍の壁」からも浮上しています。
時系列のオッズチェックからは、16番複勝が5・0倍から4・2倍と売れ
こちらも注目です。
しかしこのレースは馬連1番人気が20・3倍と割れすぎてしまい、
下位ランクまで馬券に絡む可能性が低いです。
16番と1番を少々注目程度の穴馬としてレポートしておきます。
10時半の馬連ランクは下記のとおりです。
12・9・10・7・2・4・15・11・6・5・「16」・14・8・「1」・13■3
※「 」=注目馬

<中京7レース>
単勝ランクと複勝ランクがほぼ揃ってしまい、
さらには単勝4位に「オッズの壁」が出現しています。
単勝3番人気の16番から馬連が売れ、
16番から馬連ランクを並べてみますと、馬連ランク9位でも29倍と
16番から馬連が売れ、つかみどころのないオッズの形になって
しまいました。判定不能ということで穴レースとしては
見送りと判断しました。

<中京9レース>
馬連ランク7位に2倍を超える「オッズの壁」が
出現してしまいました。その他には「オッズの壁」がなく、
時系列のオッズチェックからも特筆すべき穴馬が浮上していません。
コンピ指数14位の4番が複勝5位に上昇はしてはいるのですが、
単勝が11位と複勝だけが売れている感じがします。
上位ランクが予想された14番の出走取り消しもあり、
最終的に穴レースとしては見送りと判断しました。

<中京11レース>
馬連ランク10位に「オッズの壁」が出現し、
その前の2頭である3番と2番に注目したのですが、
10時半のオッズでは馬連、単勝、複勝ランクが
馬連=11・14・9・4・10・7・13・…・
単勝=11・14・9・4・10・7・13・…・
複勝=11・14・9・4・10・13・7・…・
このように揃ってしまいました。
「馬連人気分布表」をチェックしましても、
目立ったボトム値がありません。これは上位ランクが
安定している可能性が高いことを表しています。
これらのマイナス要因により、穴レースとしては見送りとなりました。

<中京12レース>
馬連ランク5位に大きな「オッズの壁」が出現してしまい。
上位ランク5頭が、コンピ指数、馬連、複勝ランクが
ほぼ揃ってしまいました(単勝は4頭が揃っています)。
これは穴レースとしては大きなマイナス要因です。
穴レースとしては見送りを判断しました。

さて中山10レースですが、単勝30倍未満の頭数が11頭と
穴レースの条件をクリアしていましたが、
馬連1番人気が8・9倍と基準値の9倍以上という条件を
わずか0・1だけクリアしていません。
本来であれば、穴レースとして検証を続けるのですが、
このレースには馬連7位に大きな「オッズの壁」が出現
してしまいました。
そこで中穴を中心に検証し、コンピ指数6位、馬連5位、単勝6位、
複勝6位と揃い、単勝オッズで乖離差1・7倍というところに
ランクされていました16番を、馬連&3連複1頭流し推奨馬として
浮上させました。
10時半の馬連ランクは下記のとおりです。
7・8・4・5・「16」・2・12■9・3・11・10・6・14・13・1・15
※「 」=推奨馬