オッズ馬券の教科書

月曜日の見解

  • HOME »
  • 月曜日の見解


◆推奨&参考穴馬
・本日はありません 
※下記のコメントを参照願います。

◆馬連&3連複1頭流し推奨馬
・中山10レース=14番

※本日は前日の段階から穴候補レースが少なかったのですが、
当日の9時半のオッズから7レース以降のレース(14頭立て以上)で、
穴レースの条件をチェックしたところ、
クリアしたレースがひとつもないという
珍しい日となってしまいました。

そこで、前日の段階で穴候補レースとして浮上しておりました、
中山10R、中京12Rを検討することにしました。
この2つのレースの検証結果は下記です。

<中山10レース>
馬連1位の7番から売れ、馬連1位には「オッズの壁」が出現、
さらには単勝8位にも「オッズの壁」があり、
確かに穴レースとしては失格判定です。
そこで中穴馬を見つけ出すことにしました。
注目したのは14番です。
14番は馬連7位の乖離差1・75倍ともう少しで
「オッズの壁」になる前の1頭であり、
(10時半には「オッズの壁」になりました)
単勝8位の「オッズの壁」、「複勝6倍の壁」からも
浮上していたからです。
14番を馬連&3連複1頭流しの推奨としました。
10時半の馬連ランクは下記となります。
7■9・13・10・12・2・「14」■3・11・5・8■15・4・6・16・1
※「 」=推奨馬

<中京12レース>
9時半の頃のオッズでは、軸馬が12・8・5番の中で変化し、
その影響から馬連ランクも変わるため、
10時半のオッズで判定を下すことにしました。
大きく動いたのは2番の複勝です。
複勝12位の7・7倍から複勝4位の3・3倍と動きました。
2番は「馬連人気分布表」からもボトム値が4箇所あります。
超穴馬ですが2番に少々注目とレポートしておきます。

下位ランクに目を向けますと、
複勝14位に大きな壁ができています。
(複勝14位の3番が9・2倍、15位の10番が19倍)
その前の2頭の14番と3番からのワイド馬券も
絡まないとはいい切れません。
10時半の馬連ランクは下記となります・。
8・5・12■4・13・9・1・11■16・7・6・「14」・「2」・「3」・10・15
※「 」=気になった超穴馬

さて本日は12頭立てですが、
中山11レースに重賞競走のフラワーカップが
行われます。このレースもチェックし、
中穴馬を見つけ出すことにしました。
コンピ指数5~8位の2・9・12・5番を調べてみまと、
下記のようになっていました。

コンピ=2・9・12・5
馬連 =2・12・9・8
単勝 =2・10・12・8
複勝 =10・9・8・12

12番だけがランクインしていることがわかります。
12番を中穴馬として注目しました。
10時半の馬連ランクは下記となります。
3■1・10・6・2・「12」・9・8・5■4■7・11
※「 」=中穴馬

PAGETOP
PAGE TOP