オッズ馬券の教科書

土曜日の見解

  • HOME »
  • 土曜日の見解

◆最後まで検討した穴馬候補
・東京11レース=1・16番 

◆馬連&3連複1頭流し推奨馬
・東京12レース=6番

※最後まで検討したレースは東京11レースです。
このレースは馬連ランク10位に「オッズの壁」が出現し、
その前の2頭である1番と16番に注目しました。
しかし時系列のオッズチェックから、1番は単勝&複勝が、
16番は単勝が売れていません。

またコンピ指数と単勝ランクを比較しますと、
<コンピ> 5・11・9・10・3・14・4・13・16・1・2・…
<単 勝> 5・9・10・14・3・11・4・13・16・1・2・…
単勝ランク2位から6位の間には多少の移動はありますが、
その他のランクがきれいに揃ってしまっています。

これは穴レースを判定する上では重要な要素です。
つまりこれは穴馬が走りずらい可能性があることを
示しているのです。
ハッキリとした「オッズの壁」から浮上している
1番と16番を完全な推奨穴馬として浮上させなかったのは
このような理由があったからです。
この2頭が少々注目程度とレポートしておきます。
10時半の馬連ランクは下記のとおりです。
9・11・5・13・10・14・3・4・1・16■2・12・8・15・7・6・17

その他の9時半のオッズから7レース以降のレース(14頭立て以上)で、
穴レースの条件をクリアしていたのは、
東京12R、阪神8、10、12Rの4つのレースです。
この4つのレースの検証結果は下記です。

<東京12レース>
単勝1位に「オッズの壁」が出現し、馬連4位にも乖離差が
1・72倍があります。
上位4頭、4・13・6。16番がコンポ指数、馬連、
単勝、複勝ランクがほぼ揃ってしまい、この点からも
穴レースとしてはマイナス要因です。
そこでこの4頭の中から1頭を選び、下位ランクへの流し馬券を意識
してみました。
4頭の中では、単勝1位の大きな「オッズの壁」の直後の馬、
6番の浮上させ、馬連&3連複1頭流し馬券として注目してみました。
10時半の馬連ランクは下記のとおりです。
4■6・13・16・15・12・9・10・11・18・5・2・14・7・3・1・17■8

<阪神8レース>
馬連1位と7位、単勝1位に「オッズの壁」が出現してしまい、
馬連ランク8位以下に2カ所以上の「オッズの壁」が出現すると
穴レースとしては失格というルールにより、
このレースは穴レースとしては見送りとしました。

<阪神10レース>
馬連ランク6位に大きな「オッズの壁」が出現してしまい、
単勝にも1位に「オッズの壁」があります。
さらに単勝には6位に1・77倍、
7位に1・72倍の乖離差があり、
この点から上位ランクの馬が馬券に絡みやすいことがわかります。
穴レースとしては見送りとしました。

<阪神12レース>
穴馬が潜んでいる馬連ランク9位以下の馬をチェックしますと、
9位から13位の10・3・5・9・6番の複勝は
どれも6倍以上になっています。
馬連13位には「オッズの壁」があり、さらにその先の3頭は
どれも複勝16倍以上です。
時系列のオッズチェックからも、目立った穴馬候補が浮上しません。
穴レースとしては見送りとしました。
このようなケースではまれに複勝15倍の壁の前の2頭が
馬券になることがあります。
複勝15倍の壁の前の馬は6番と3番です。

PAGETOP
PAGE TOP